FC2ブログ
◆更新履歴◆
■04/04 リンクいろいろ編集
■12/08 メニューに手ブロ追加
■10/09 リンク一件追加
■10/03 ブログ改装
2009.05.14 若者達の希望の光

水曜日に姉と「MILK」見に行ってきました。

正直言うと、かなり泣きました
恥ずかしげもなく映画館で泣いてしまいました。

1970年代、初のゲイで公職に就いたミルク・ハーヴィーという人のお話なのですが・・・
正直言うとこんなに泣けるとは思ってもいませんでした。
最後、ハーヴィーが殺された後のカストロ通りに集まった3万人の人々の行進、「ああ、ミルクさんはゲイと言われて蔑まれてもきたけれど、でもこんなにもこの人は愛されているんだな」ということが窺えて、ついにそこでボロボロ来ちゃいました。他にも随所随所に泣ける場所があったのですが、ここで涙腺のダム崩壊(笑
見て思ったのは、「こんな素晴らしい人が実在したのか」ということです。ゲイ、というか、同性愛者というのは普通の人から見たら、その・・・こういう風に言うのは失礼ですけど、変な人でしょうね。
私はそうは思ってはいないのですが。(と、いうか私は、腐女子と呼ばれる感じの思考を持っているので嫌悪感を持っていないのだと思いますが・・・腐女子だから「ゲイ」の単語に惹かれたのかもですが(笑)
・・・そうして憎まれてきたにも関わらず、サンフランシスコのカストロ通りに恋人のスコットとともに行き、ゲイ・コミニュティを作り上げ、そして選挙に何度も立候補し、落選しても何度でも挑戦し、そしてついに市政委員にまでなって・・・それで、まだ、任期1年にも満たないまま、元同僚だったダン・ホワイトに殺され・・・そして最後に瞳に映ったのが、スコットとともに見に行こう、と約束したオペラ座の建物・・・ うう、涙腺ゆるいんだからやめて欲しいです・・・泣けます・・・
そしてエンドロールの最後、ハーヴィーと共に戦った、友人達が、それぞれまだ人の為に働いてる、ということも知り、更に泣けました。
ぜひみんなにも見てもらいたいくらいのいい話なのですが、なにせ話の内容が内容だからか・・・もうすぐ終わってしまうのですよね;スラムドッグミリオネアと同じ日に始まったのにも関わらず、15日にはもう終わってしまうという・・・それこそ偏見だ!差別だ!!確かに家族社会を重んじると、同性愛者は居てはならない存在かも知れないけど・・・でも、その「人」が好きならばいいじゃないか!・・・と、思いました。(「愛」とか「恋」とか私、あんまり好きじゃないのですがね・・・今、この「ミルク」にだけは、こうやっていえますね・・・)

・・・す、すいません。書きたいことがちゃんとまとまっていませんね・・・あと、こういうのが苦手な方はすいません; ・・・でも、同性愛だから苦手、とかはなくなればいいです。自分こういう趣味してるから言える言葉なのかもですがね・・・でも、人種の差別は、なくなるといいです。

・・・説教っつうか、なんか気持ち悪い感想ですいません。本当にいい映画だったので、もしかしたらDVD買うかもw・・・姉が。(おい
買ったらまた感想書きたいですーいい映画!みなさんDVDレンタルし始めたらぜひ見てみてください!あ、でもがっつり男同士でキスしちゃったりしてるので・・・見たくない方は・・・いいですけどね;
では。 (あ、ウォーロードも見に行きたい今日この頃です。

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://yuuhikurage.blog79.fc2.com/tb.php/91-826cc9a0